珪酸ソーダの専業メーカー !!

 別名「水ガラス」といわれる珪酸ソーダーは開発初期(18世紀)には、主に防火材として
 応用されましたが、水ガラス独自の特性を利用して、幾多の応用分野が開拓されています。
 今後も資源の有効利用や新素材の開発等無限の応用分野が開拓されると確信しています。
応用例
 段ボール等接着剤、鋳造バインダー、家庭用合成洗剤、土壌硬化剤、紙パルプ、溶接棒、医薬品原料・・・


◇事業所コード
0479
◇会社名 富士珪曹 株式会社
◇代表者名 岡田 良
◇設立年月日 1970年1月
◇資本金 1000万円
◇売上高
◇従業員数 6人
◇郵便番号 739-0024
◇本社住所 東広島市西条町大字御薗宇6400-7
◇電話番号 082-423-2833
◇FAX番号 082-422-7318
◇E-Mail
◇URL

会社PR 

 富士化学株式会社の関連会社です。
富士化学より原料と資材の供給を受け、溶解工程を担当し、テリトリー内に良品・安価の珪酸ソーダを迅速に供給しています。

主要製品

 珪酸ソーダ、コンクリート防水剤

主要取引先

 神戸製鋼所西条工場、その他

受注の形態(〇は受注可を示す)

図面   CAD(2D)   CAD(3D)   CAD(ソリッド)   仕様書 〇 

主要設備

 溶解工程設備一式
 
カレット貯蔵庫、オートクレーブ、比重調整タンク、 フィルタープレス、真空蒸発機、製造貯蔵タンク、
 ボイラー、蒸気供給タンク、水タンク他

保有技術

1.比重調整タンクで常時監視して溶解工程を制御します。
 
*E20203 化学工業関連技術>プロセス技術>混合>溶解
2.フィルタープレスで不純物を除去します。
 
*E20302 化学工業関連技術>プロセス技術>分離・精製>ろ過
3.真空蒸発機で比重をコントロールします。
 
*E20301 化学工業関連技術>プロセス技術>分離・精製>蒸留・精留
4.溶解工程の制御には万全を期しています。
 
*E304   化学工業関連技術>管理・制御技術>制御
5.製品分析測定は自社内で実施しています。
 
*E40199 化学工業関連技術>検査・分析技術>試験・測定>その他

最も得意とする(アピール)技術

 乾式法の採用により熔融工程と溶解工程を分離し、集中大量生産により珪酸ソーダカレットのコストダウンを図り、溶解工程を全国に適正配置して珪酸ソーダを迅速に供給出来る体制を敷いている。