大企業と中小企業による新たな共存共栄関係の構築を目指す「パートナーシップ構築宣言」の登録企業募集について2020年06月24日

Pocket

「大企業と中小企業による新たな共存共栄関係の構築」に向け、今般、官民が一体となって『パートナーシップ構築宣言』の策定・登録・公表を推進する仕組みが創設されました。

本宣言は、次の取引方針を企業の代表者名で宣言するというものです。

①サプライチェーン全体で付加価値の向上に取組み、規模や系列等を超えたオープンイノベーションなど新たな連携の促進により「取引先との共存共栄関係の構築」を目指すこと。

②新型コロナウイルスの影響による中小企業への「取引条件のしわ寄せ防止」など適正な取引価格の実現を目指すことなどを盛り込んだ自社の取引方針を示すこと。

各企業の宣言は、中小企業の適正な下請取引を推進する「公益財団法人全国中小企業振興機関協会」運営のWebサイトに掲載される予定です。

また、中小企業庁では、宣言した企業が使える「ロゴマーク」を作成中です。名刺や企業のホームページ等に掲載することで、自社の共存共栄の取組みをアピールすることができます。さらには、国の一部の補助金の優先採択も検討されております。今後、中小企業庁は、7月上旬を目途に、宣言した企業名を記載したプレスリリースを行う予定です。

中小企業庁のプレスリリースを通じて、いわば「わが社はホワイト企業」であることを宣言することになります。

募集の内容をご一読いただき、登録に向けてご検討いただきますようよろしくお願い申し上げます。

募集案内(経済産業省)

募集要項・提出について(公益財団法人全国中小企業振興機関協会)

 

 

 
ページトップ