カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アクセスカウンター

  • 245530総閲覧数:
  • 99今日の閲覧数:
  • 141611総訪問者数:
  • 75今日の訪問者数:
  • 2014年6月9日カウント開始日:

融資相談


リーグ保証制度

保証対象者 ○同一事業を 1 年以上営み、税務申告を 1 回以上行っていること。○東広島商工会議所の会員であり、会員歴または経営指導実績が 6 力月以上あること。

○東広島商工会議所の会費、税金、公租公課について延滞がないこと。

○高利借入がないこと。

○法人事業者については、年商以上の借入金がないこと(借入金には、本借入・社債・役員借入金は含め、割引手形は除く)。

個人事業者については、所得を計上していること。
貸付限度額 一企業者 500 万円以内かつ運転資金の場合は、月商の3ケ月以内。ただし、保証後の総保証債務残高は 5,000 万円以内。
資金使途 運転資金及び設備資金(併用可能)
保証期間 7年以内(据置期間6ヶ月以内)
返済方法 分割返済または一括返済(融資期間1年以内のものに限る)
保証料率 年0.45 %~1.90%(中小企業会計導入の場合および有担保の場合、0.1%割引あり)地方公共団体融資制度と併用する場合は、該当保証制度等の料率とする。
金 利 各金融機関の金利
担保及び保証人 担保:原則不要保証人:原則として法人代表者以外の連帯保証人は不要
申込方法及び主な必要書類
(1)東広島商工会議所に「リーグ保証発行確認願い」および「個人情報の提供に関する同意書」を提出。[必要書類]決算書(申告書)2期分


(2)東広島商工会議所が、会員実績等が制度要件に該当していることを確認し、確認書を発行。


(3)確認書を持って、金融機関へ融資相談。

[必要書類]決算書(申告書)2期分、許認可証、その他必要な書類


(4)金融機関が信用保証協会に事前照会。

保証協会は要件等審査を行い、金融機関へ諾否を回答。


(5)金融機関が申込人へ諾否を伝え、承諾の場合は、東広島商工会議所へ確認書への押印を依頼。((2)の段階では印なし)


(6)東広島商工会議所が確認書へ押印。


(7)申込人は金融機関(信用保証協会)で必要な諸手続を行う。


(8)融資の実行
取扱金融機関 信用保証協会と約定書を締結している金融機関
※信用保証協会の審査結果によっては、ご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

小規模事業者経営改善資金(マル経)融資

この融資制度は、小規模企業者が商工会議所の経営指導を受けて経営を改善し、事業の発展を図るために必要な資金を商工会議所の推薦で、日本政策金融公庫より無担保・無保証人・低利で融資を受けるものです。
ご利用いただける方 ○従業員(家族従業員・パートタイマー・法人の役員を除く)が商業・サービス業では5人以下、製造業・建設業などでは20人以下の事業者○東広島商工会議所の地区内で1年以上事業を営み、会議所の経営指導を申し込みの6ヶ月以前から受けている方。

○納期の到来している所得税(法人税)、事業税、住民税を完納している方。

○日本政策金融公庫の非融資対象業種でないこと。
資金の使い方 設備資金・運転資金
ご融資額 2,000万円以内
ご融資期間 運転資金/7年以内(うち据置期間1年以内)設備資金/10年以内(うち据置期間2年以内)
利 率 固定金利年1.30%(特利F)(平成28年6月1日現在。なお、最新の金利は日本政策金融公庫のページでご確認下さい)
担保及び保証人 不 要
申込の際ご持参していただくもの 法人企業 個人企業
○税務署に提出した税務申告書類2年分(決算書、確定申告書等)○試算表(決算後6ヶ月経過している場合)

○法人税(所得税)・事業税・県市民税の領収証書または納税証明書

○見積書または契約書(設備資金申込の場合)

○借入金返済表(借入金のある場合、全ての金融機関について必要。個人の場合は、住宅・教育ローン・信販等含む)

○不動産登記簿謄本(土地、建物等。新規申込の場合のみ)
○法人代表者印○登記簿謄本 ○個人実印
※商工会議所の推薦にあたっては他にも一定の要件がありますので、ご利用の際はご留意下さい。

【マル経融資のフローチャート】

マル経融資の流れ

■広島県の融資制度

 

■東広島市の融資制度

 

お問合わせ先

東広島商工会議所 企業指導課

TEL:082-420-0304 MAIL:sidou@hhcci.or.jp
ページトップ